フィアスちゃん 建て方・eパネル施工の様子です。 新築注文住宅/笛吹市M様邸|担当:フィアスちゃん

基礎工事が完了したら、木材を搬入し土台敷きが始まります。土台敷きとは

基礎コンクリートの上に土台や大引を設置していく作業です。住宅の骨組み

となる重要な工程です。

土台敷きの後は、足場を組んで、いよいよ建て方スタートです!

建て方を始める前に、大工さん達が集合しています。これから始まると

思うとワクワクしますね\(^O^)/

土台の上に柱、梁と施工していき、棟木まであげれば、いわゆる上棟

(棟上げ)です。右の写真は、2階の天井部、垂木設置の様子です。

高くて眺めが良さそうです!

この後、無事上棟しました。M様、おめでとうございます(*^_^*)

建て方が終わり、外部はネットで覆われています。

内部では、後日、Eパネルという断熱材の施工がされました。

Eパネルとは、樹脂系の断熱材と構造用パネルを一体化させた断熱材です。

建物を包み込むように囲うことで、耐震性・断熱性・気密性・耐久性等の

『住まいの性能』を大きく高めます。

快適なお家の完成が楽しみです♪